BWCS

軽量鉄骨条鋼孔開け切断機のNC運転を実現します

BWCSは、アングル、チャネル、溝型鋼などの軽量鉄骨用条鋼孔開け切断機ビームワーカ用NCデータ作成ソフトウェアです。加工機の特性を活かした簡単な入力方法となっています。また、多種多様に混在した孔など、加工工程の分解機能により、複雑・高度な加工も行えます。さらに加工図のチェックにより確実な加工を実現できます。

BWCS入力画面
図1:入力画面
BWCS加工図
図2:加工図

定尺材への取合い処理を自動、個別指定に対応しています。

加工材に部材を割り当てるとき、システムが有する自動取合い処理結果を利用する方法と、利用者が個別に選択する方法とがあります。自動取合い処理を利用した場合、定尺材に対して、歩留まり良く割り当てる利点があります。個別に取合いを指定した場合、事前に決定された加工段取りに合わせることができます。

BWCS取合い表
図3:自動取合い処理による取合い表

事務所と直結したオンラインでのNC運転ができます。

工場にあるパソコンから事務所で作成したNCデータと取り出したい、離れた場所にある自社工場や加工工場へNCデータを送りたい。
NCデータを含むBWCS遠隔データ(中間データ)をLAN接続されている工場内のPCへ、メール等で遠隔地にある現地PCへ、配信することができます。受け取り側のPCではBWCSを必要とせずに、事務所と同じようにNCデータの出力、加工図等の帳票を画面表示、印刷することができます。
また、工場PCと加工機が直結されているとき、『カードサーバ』ソフトウェアにより、加工機に直接NCデータを送信できます。

※カードサーバはオプションとなります。

遠隔BWCS
図4:遠隔工場へのBWCSデータ配信
工場との直結
図5:事務所・PC間LAN接続+カードサーバ・マシン直結

加工機対応機種

メーカ 機種
株式会社アマダマシンツール CNCBW-150
ページトップへ戻る